メルライン

あごニキビの悩みにはメルラインが最適で効果があります

 

メルラインバナー

 

治っても治っても何度も繰り返し出来るあご(顎)ニキビ。そんなしつこいアゴニキビに悩んでいる方にオススメなのがこのメルライン。なんといっても日本で一番売れているあごニキビケア薬用化粧品なので口コミも多く、インターネットで様々な症状の人と情報交換が出来ます。(口コミは800件以上!)そんなメルライン、実際効果はあるの?効果があるといっても、なんで、どの成分がどう効果があるの?その根拠を説明・解説していきます。

 


こんな悩みをもつ人にはメルラインが圧倒的にオススメ出来ます

 

あごニキビに悩む女性

  • あごニキビに悩む女性
  • あごやフェイスラインに繰り返し何度もニキビが出来る
  • 色々な対策方法や化粧水などを試してきたが全然ニキビがよくならない
  • 毎日鏡を見るたびにアゴに出来たニキビを見て気分が沈む
  • 食生活も悪くないし睡眠時間もたっぷりとっているのに治らない
  • ついでなら美白なんかもできたら嬉しい
  • このニキビ跡、もしかして一生悩まされるんじゃないか…と不安な人
  • 生理前になると必ずあごニキビが出来る

 

何故メルラインがあごニキビに悩んでいる人にお勧めで効果があるのか?

それは、メルラインがあごやフェイスラインにニキビが出来る「3大原因」である

 

日々のストレスやホルモンバランスの乱れ、年齢によるターンオーバーの乱れからくる乾燥による原因

肌の内側が乾燥する「インナードライ」による原因

あごやフェイスラインは毛穴が小さいので皮脂が詰まってしまう事による原因

 

これらの3大原因に、メルラインに配合されているあごニキビに効果的な成分がしっかりと働きかけてくれるからです。

 

あごやフェイスラインの乾燥を防いぐ10種類の高濃度保湿成分が配合されているから効果がある!

  • 水溶性コラーゲン
  • アセチル化ヒアルロン酸
  • 濃グリセリン
  • ヒアルロン酸(保湿して肌の水分バランスを整える)
  • 加水分解ヒアルロン酸
  • トレハロース
  • BG
  • ステアロイルフェトスフィンゴシン
  • トリメチルグリシン
  • 1,2-ヘキサンジオール

 

これらの高濃度保湿成分がしっかりとニキビの乾燥を防ぎ、保湿。水分バランスをしっかりと整えてくれるので

 

 

ターンオーバーの乱れを防ぎ、エイジングケアをしてくれる成分がたっぷりだから効果がある!

 

メルラインには「抽出ビオカタライザープラセンタ」を配合。「何それ?聞いた事ない成分」と思った方も多いと思います。聞き慣れないのはそれもそのはず、メルラインの為に独自に開発されたプラセンタだからです。普通のプラセンタよりも高い濃度で高純度(要するに濃くて質が高い)のプラセンタエキス。保湿はもちろん、天然ビタミンEを配合して肌サイクルの活動をサポート。しみやニキビ、ニキビ跡の黒ずみの原因になるメラニンを抑えてくれたり、ターンオーバーの乱れを防ぐ効果があります。

 

わかりやすく説明すると、ターンオーバーとは肌組織の作り変え周期の事。ターンオーバーの乱れを防ぎ、周期を正しくすることで肌を定期的に新しい組織と入れ替え、ニキビ跡を目立たなくする手助けをしてくれるのであごニキビだけでなく、ニキビ跡にも効果があるわけです。

 

凸凹になったニキビ跡をケアしてくれる成分を配合しているから効果がある!

 

コラーゲンを破壊する恐ろしい「コラゲナーゼ」を防いでくれる水溶性コラーゲン、スターフルーツエキス(コラーゲンを肌の内側から増やしてくれる)や、ヒメフロウエキス(光による肌の老化を防いでくれる)があごニキビやニキビ跡をケア・カバーし、これ以上酷くならない様に守ってくれるから効果があります。

 

肌が弱い人でも使える様に無添加で作られているからどんな人にもお勧め!

 

あごやフェイスラインは顔の中でもかなりデリケートな部分。なので、これ以上刺激を与えない様に余計な刺激成分や不要なものを一切いれていないのがメルラインです。合成香料・鉱物脂。着色料・アルコール・パラペンこれらの成分をまったく配合していないので、敏感肌の人や混合肌の人にもお勧め出来ます。

 

これらの理由からメルラインはあごニキビやニキビ跡に悩んでいる人に幅広く、強くお勧め出来ると断言出来ます。

 

そんなメルラインについてもっと知りたい人はこちら

メルラインバナー

 

ニキビについての豆知識コーナー

 

あごキニビが出来る原因って何?


あごニキビ

あごニキビというのは、アゴ・フェイスライン・首・口下部分にできるニキビをさします。思春期によくできるニキビとは違い、あごにきびは別名「大人にきび」とも呼ばれています。ニキビの原因として考えられるのは、“生活習慣”を始めとして“ホルモンバランスの乱れ”“間違ったスキンケア”などといった事によって起こってきます。このようにニキビの原因は複数考えられます。

 

特にあごに出来るニキビの場合、ストレスやホルモンバランスの乱れといった事が大きく影響すると言われています。例えば、顎ニキビの原因の中でスキンケアが原因といった場合では、毎日間違ったスキンケアを繰り返して行うことで、お肌の水分と油分のバランスが乱れたり、毛穴の古い皮脂や角質が残ってしまうため、顎ニキビの原因を作ってしまうことになります。

 

できればニキビ専用のスキンケア用品を使って、特に洗顔の際には正しい洗顔方法でケアしていきましょう。まずはよく洗顔料を泡立てておき、決して強く顔を擦らずに、泡で優しく包み込むように洗顔をしていきましょう。また、その際には、毛穴の汚れを意識するあまり、落とし過ぎないように注意してください。

 

そして、洗顔料が顔にのこらないようによく洗い流すことも忘れないでください。洗顔後はとてもデリケートなお肌の状態になっていますので、保湿効果の高い化粧水や美容液を使って、しっかりと保湿ケアを行って、お肌のバランスを整えていきましょう。

 

 

ホルモンバランスの乱れがあごニキビが出来る一番の原因

あごニキビができる原因とし最も高いのが、“ホルモンバランスの乱れ”になります。特に女性の場合では、生理前やストレスが原因することで、ホルモンバランスに乱れを生じさせてしまいます。このようにホルモンバランスの乱れが起こることで、女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が優位になってしまいます。これによって肌の皮脂分泌がとても活発な状態になることで、毛穴が詰まりやすい状態を作ってしまうことになりますので、あごニキビができやすい肌状態になってしまいます。

 

また、本来アゴの周辺と言うのは、他の部位と比べて肌の皮脂量が多い部分とあって、どうしても毛穴が詰まりやすくなってしまいます。なので、意識して顎のあたりが不衛生にならないようにこまめに洗顔を行っていき、肌がいつも衛生になるように心がけてください。その他の原因としては、「生活環境の乱れ」「ストレス」「睡眠不足」「スキンケアの方法」などといった複数の原因もあげられています。

 

まずは、生活習慣や食生活の見直しを行って改善していきましょう。栄養バランスの摂れた食事、十分な睡眠や適度の運動を行っていきましょう。そしてさらに正しいスキンケアを行うことによって、肌のターンオーバーの乱れを改善していくことができますので、アゴニキビの改善とあごニキビの出来にくい肌作りを行うことができます。また、ビタミンCは肌の再生を促進させてくれますので、食品やサプリメントなどで補給していきましょう。

 

あごニキビに有効なプラセンタって?

プラセンタという成分は、ニキビに有効とされる成分の1つです。特に、ニキビが悪化してニキビ跡ができている方には、プラセンタはおススメの成分です。プラセンタは抗炎症作用や新陳代謝促進作など、ニキビに対してとても有効に働いてくれます。(バストアップのサプリとしても有名です)

 

ニキビの原因として、よくストレスがよくあげられていますが、これはストレスが体内に蓄積することで自律神経の乱れが起こってきます。これによって、皮脂が過剰分泌してしまうため、ニキビができやすい肌環境を作ってしまいます。プラセンタを摂取することで、ホルモンバランス・自律神経の乱れを改善することができるので、ニキビケアにはとても効果的なのです。

 

角質の再生や新陳代謝を促すプラセンタ

また、プラセンタは新陳代謝を促してくれますので、乱れた肌周期を改善させてスムーズにターンオーバーができるように働きかけてくれます。これによって、角質の再生もスムーズに行うことができるわけです。このようなプラセンタの働きによって、ニキビケアを始めとして、にきび跡も薄くすることができるのです。

 

古い角質層が剥されてくれることで、毛穴にある皮脂線に皮脂が詰まることで、毛穴の周りが炎症するといった事も防ぐことができます。このように毛穴のケアができるため、ニキビのできにくい肌作りができます。プラセンタの作用によって今以上にニキビが悪化することを防いで、皮膚組織にまで傷つけることなく状態を抑え込んでくれニキビを作りにくい環境を作ることが出来ます。

 

あごニキビの治療と予防

あごに出来るニキビの場合は、10代で出来る所謂青春ニキビではなく、大人ニキビとして出来る場合が多くみられます。吹き出物と言われる物ですね。あごにきびが出来る原因として、ストレスやホルモンバランスの乱れが深く影響しますので、あごにきびができにくい肌作りを行っていく為にも食生活の改善や生活習慣の見直しといった体内からのケアも合わせてしていくことも大切です。

出来るだけファーストフードやチョコレートといった甘いもの、脂っこい食べ物は避けて、野菜を多く摂取して和食中心の栄養バランスを考えた食事の摂取を行ってください。

 

 

生活習慣や栄養のバランスなどの改善も視野に

ストレスやホルモンバランスの乱れが起こらないように、十分な睡眠や適度の運動も取り入れていきましょう。そこで、体内からのあごニキビのケアの1つとして、ビタミンCや漢方などを摂取されることをおススメします。

 

また、外側からのケアとしては、毛穴の詰まりによってあごニキビの原因を作ってしまうことになりますので、お顔を清潔に保つためにも正しい洗顔を心がけてケアしていきましょう。できれば、ニキビ専用の化粧品を使ってしっかりと顎にきびの対策と予防を行ってください。

 

あごにきびの予防対策として紫外線対策といった外敵刺激からの予防も重要になってきます。あごの部分と言うのは洋服などで隠せない部位でもありますので、外出の際には紫外線対策もしっかりと行い、これ以上あごにきびに刺激を与えないよう保護するようにしてください。

 

大人ニキビの正しい治し方!大人ニキビの認識を考えよう

主に20代以降になってから発症するニキビのことです。※吹き出物という呼び方をされることもあります。10代にできる思春期ニキビは皮脂の過剰分泌によるトラブルですが、大人ニキビは皮脂の過剰分泌だけで出来てしまうわけではありません。大人ニキビは、思春期ニキビと出来る原因・過程などが少し違います。ニキビができる原因が違えば対策やケアの方法も変わってくるので、まずは大人ニキビとはどのようなものなのか知ることが大切です。

 

一般的に思春期ニキビは顔の上半分にできやすいとされていますが、大人ニキビはあごや口周り、頬など顔の下半分にできやすいという特徴があります。皮脂の分泌の多いオイリー肌の人だけでなく、乾燥肌の人にもできてしまうので、対応に困る人も多いようです。ニキビが治ったように感じてもまたできてしまう。繰り返し、同じ場所にできやすいため跡も残りやすいというのも大人ニキビの特徴だと言えるでしょう。大きくポツリと1つだけニキビができてしまう、小さくブツブツ複数のニキビができてしまう。大人ニキビの形状はさまざまですが、思春期ニキビとは違い表面が乾いて見えるというのも特徴の1つです。

 

とにかく大事なのは、”大人ニキビにあった専用のケア用品”を使用する事!普通のニキビ用の化粧水やクリームなどは、そもそも治療の方向性が違うので、それではやはり治りにくいです。

 

大人ニキビの原因

ニキビには10代にできる思春期ニキビと、20代以降大人になってできる大人ニキビと2種類あります。思春期ニキビと大人ニキビではニキビのできる原因が違うのです。思春期ニキビは、皮脂の分泌が過剰に分泌されることが一番の原因ですが、大人ニキビは皮脂が過剰に分泌されることだけが原因ではありません。大人ニキビの原因はとても複雑です。

 

大人ニキビができてしまう原因をいくつか挙げてみましょう。大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れや、偏った食生活、ストレス、睡眠不足、間違ったスキンケアなど生活環境、習慣が大きく関連してきます。女性に多いのが生理前のニキビで、これもホルモンバランスの乱れによりできてしまうものなのです。忙しい毎日の中で、偏りがちになってしまう食生活も、ニキビの出来る原因となります。ストレスや睡眠不足など、疲れがたまると人間の体が男性ホルモンの分泌を盛んに行うようになります。男性ホルモンは皮脂の分泌を過剰にしてしまうので、ニキビができやすい肌環境になってしまいます。

 

20代を超えると、やはり若いころと比べるとどうしてもお肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れがちになります。ターンオーバーとはお肌の生まれ変わりのことで、スムーズに行われていると古くなった角質(垢)は目に見えずに肌から剥がれ落ちていきニキビなどのトラブルにはなりません。しかし、ターンオーバーがスムーズに行われなければ、肌表面に角質が溜まってしまい毛穴を詰まらせニキビへとなってしまうのです。肌の新陳代謝力の低下も大人ニキビの原因の1つだと考えられるでしょう。

 

食事にも気をつけましょう

野菜と果物

 

基本的にニキビというのは脂質や糖質の過剰摂取などによって、皮膚の毛穴の詰まりを生じさせた所から発生します。脂質や糖質の過剰摂取は体内の基礎代謝を損なわれてしまうことになります。ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類も注意してください。

 

また、すでにニキビができている状態では、アルコールや唐辛子などの香辛料やカレーなどの辛い食品などの刺激物が強い食べ物を過剰摂取することで、ニキビの炎症が化膿してさらに悪化させていきますので、控えた方がいいでしょう。また、レトルトやジャンクフードなども栄養バランスがとれませんし、添加物が多いためおススメできません。

 

糖質の場合、日頃気にせず飲んでいるジュースやチョコレートといったお菓子などもに含まれているますので、ノンシュガーなどを選ぶといいですね。また、ニキビ跡ケアに効果のあるおススメ食品としては、ビタミンA・B・C、コラーゲンなどがおススメです。

 

ビタミンA

人参・ウナギ・レバー・かぼちゃなど

 

ビタミンB

レバー・マグロ・カツオ、納豆・チーズなど

 

コラーゲン

牛筋やうなぎ、カレイなど

 

ですが、なかなか食品として摂取できない方は、サプリメントで摂取されるといいでしょう。特に、ビタミンCはAを一緒に摂取すると効果が高まります。

 

ニキビはグリチルリチン酸で悩みを解決

大人ニキビに効果的な成分の1つとして“グリチルリチン酸”があります。ニキビ治療薬などのクリームといったスキンケアなどにも、このグリチルリチン酸はよく使用されています。ニキビケア専用の化粧品でも、なかには肌につけるとピリピリしたりと肌に負担をかけるものもありますが、グリチルリチン酸はお肌への負担を軽減しながらニキビケアができますので、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用できます。

 

グリチルリチン酸は甘草といった植物から抽出され、肌に対してもとても優しく医薬品とは違い副作用などの心配もありません。ちなみに、このグリチルリチン酸はステロイドと成分構造が非常によく似ているため、ステロイドとよく似た働きを持っています。

 

人によっては、ステロイドのような副作用を心配される場合もありますが、グリチルリチン酸の場合は甘草から抽出された植物性のグリチルリチンの誘導体となりますので、副作用は心配ないかと思います。

 

ステロイドと似た作用でも安心して使用出来るグリチルリチン酸

グリチルリチン酸が持っている皮膚における働きはステロイドよりもとても優しい働きで低刺激ですが、逆にステロイドのような即効性はありません。化粧品の成分として配合して頻繁に毎日の様に使用しても肌のダメージの心配がありませんのでグリチルリチン酸が配合されている化粧品や洗顔石鹸を使ってじっくりとニキビケアをしていきましょう。

 

ニキビ以外にもグリチルリチン酸は抗炎症作用、抗アレルギー・ステロイド・女性ホルモンと似た作用を持っていますので(かといって先程にも言った通りステロイドの様な副作用や刺激などはありません)、解毒剤消炎効果・痛みの緩和として湿疹や皮膚炎などにも有効に作用してくれる成分でなります。あごニキビなどの大人ニキビの改善としてグリチルリチン酸が配合された化粧品などはおススメです。